2015/06/13

K100RS4Vを手放す事にする。

やっと決心できたと言うべきか、自分自身の性格を正直に認めたと言うべきか。

端的に言ってしまえば、小生にとって大型自動二輪車は根本的に性能過剰と言う事に尽きるかと。

そもそも、小生が二輪に乗るのは身体障害ゆえに四輪の円形ハンドル操作よりは、切っ掛けと重心操作で旋回できる二輪車が操作上楽だ、と言うだけだったりする。なので、高速道路を延々走っていられるかどうかの性能は二の次三の次。

大型自動二輪車免許を取得した切っ掛けは、小生の181cmという体格。トランザルプ400VRやアフリカツイン、R1100GSなどでも跨がって両足踵ベタベタに接地する。それゆえ、1990年代後半の当時ではこの体格に適合できる400cc以下が壊滅的ラインナップになっていて選択肢を広げるために、と言う理由で、必ずしも性能に憧れがあった、と言う事では無いはず。

さらに、小生の性格上、二輪車で3桁の速度を維持できない。せいぜい時速80kmが良いところ。

更に、障害を持つ腕がトラブルしたとしても高速道路上ではPAかSAに辿り着かない限り休憩できないという強迫観念に駆られてしまって高速道路での走行では全然リラックスできない。
昼間の高速道路でもかなり強く緊張するのに、夜間走行なんてもってのほか。

無理矢理乗っていれば高速道路走行でのリラックスする事が出来るかと思って居たんですが、あと少しで50歳になる年齢でも出来ないとなると、今後もまず無理でしょう。

・・・・
性格的には、125cc以下のクラスが丁度よさそう、ではある。

白千さんにも言われたけど保険的に高速道路が走れる250ccが良いのでは?とは他の人にも言われるが、前述の通り高速道路での走行がからきしダメなので、やっぱり無意味な事に陥りそうな気がする。

今のところ、乗り換えはバーハンドル故にカスタムして障害を持つ腕に適合するように出来る可能性が期待できる、ホンダクロスカブを考慮に入れてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/22

K100RS4vの冷却水を交換。

昨日、K100RS4vの冷却水を交換。

2年程度寿命があるという謳い文句の製品を2011年に使用していたのだけど、冷却ファンが回る寸前の温度で妙に熱を持つ症状が最近出ていたので、冷却水が既に寿命を超過していると判断。

冷却水は、沸騰抑止剤が入っており、電動ファンが回るあたりの温度は沸騰する温度ですが、そこで発生しようとする泡を抑える事に依って、冷却能力を維持するが、この抑止剤が経年劣化によって沸騰が発生するようになると、沸騰した泡が断熱材の様に成って、冷却を阻害する様に成る。

今回は、和光ケミカルのヒートブロックプラスを使用。

テスト走行は未だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/03

eクリーンプラス(和光ケミカル)投入

溶剤を使用しない、遅効性のエンジン内部洗浄剤とされている「eクリーンプラス」(和光ケミカル製)をK100RS4vに投入する、と前回記入したが結局6月にまでにズレた。

P6020079

2013年4月末頃にエンジンオイルの交換を済ませているが、「eクリーンプラス」は近所のショップ等では全く見つけられず、楽天経由で発注した物の、届いたのはGW明けの5月9日頃に。遅効性のエンジンクリーナーなので、投入してから数千km走った後にオイルと共に排出する、と言う使い方なので、投入時期がずれ込んでも、そんなに大差はあるまい。

・・・・
次に行うべきは冷却水の交換。思い出してみると、既に2年以上交換してない可能性が高い。
「eクリーンプラス」と同時に「ヒートブロックプラス」も購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/24

エンジンオイルに洗浄剤投入予定

Androidアプリから、初投稿。

GW前にエンジンオイルの交換は終わっているが、和光ケミカルの遅効性洗浄剤が入手出来ず、ネット通販で先日届いたので今週末に投入の予定。ブラッシングオイルは直ぐに抜かなければ成らないが、今回のはオイルその物の洗浄能力を高め、分散させると言うもの。なので結果が判るのは半年後。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/31

K100RS4V_バッテリー状態

前回、バッテリー交換して数年過ぎて、改めてバッテリーの状態が劣化してきた模様。先々週だったか、バッテリーチャージャーから1ヶ月以上離れていて且つエンジンも殆ど掛けてない状態で走り回ったら、数時間連続で走ってるにも関わらず、信号発進時に時折ABS警告灯が点滅する始末。走行中の発電ではバッテリーの機嫌が上がらないのか(それともオルタネーターの能力低下か?)。

バッテリーチャージャーに繋ぎっぱなしにしていれば、その翌日は取り敢えず問題なく稼働できるものの。前回交換したのが2009年1月では、さすがに無理か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K100RS4v_エンジンオイルの交換。

春分の日を過ぎて風雨の強い今日、K100RS4Vのエンジンオイル交換を実行。
使用したエンジンオイルは、デフォルト扱いのシェブロン20W-50の買い置きを使用。

メモ。
交換した時点での走行距離44,611。
P3310039_01_3

K100RS4Vのエンジンオイルドレンボルト径は、M18。ドレンガスケットもM18用。
P3310032_01_3

P3310033_01_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/18

K100RS、電池の交換

メインキーシリンダーのスイッチ部分の落下から、日を置かずして、今度は4年くらい使用し続けている鉛蓄電池の怪しさが遂に限界点まで達した模様。バッテリーDOC(充電器)を付けっぱなしの直後は別に問題ないとしても、屋外露天で8時間くらい経過すると、セルモーターの回転が非常に心許ないレベルに低下。

今までは、ブライトスターバッテリーの30A19Lを使用していたけど、オートバイ用バッテリーか若しくは完全シールドメンテナンスフリーバッテリーを選ぶつもりだったので、物色。

一昨年くらいまではオートバックスブランドで、Dynagrid のMFバッテリーでA19Lが在ったのだけど、2007年春先のラインナップ変更でカタログ落ち。
2007年秋頃に、ACデルコ社の韓国子会社製デルコアバッテリーHEXAの32A19Lを購入してみた物の、これはA19と言いながら長さが日本のA19に対して13mmほど長くて、K100RS4vには搭載できない。
日本の電池メーカー各社のWebカタログを見てたら古河電池より、中々よさげなモデルを発見。FT50-A19L(T)と言う。ネット検索して、秋田のバッテリーショッププロンが最も安かったようなので即座に発注。

それで届いたのが先週の火曜日(平成21年1月13日(火))。梱包を紐解いて色々眺めてみる。
IMG_0149.jpg
端子の形状は結構出っ張ってるので絶縁体の加工は必要ですな。

FT50-A19LとBMW純正バッテリーと、搭載不可能だったA19Lとの比較。
IMG_0131.jpg
純正電池と見た目の専有面積はほぼ一緒。逆にACデルコ系がサイズ違いなのがよくわかる。

搭載結果は下図の通り。
IMG_0158.jpg
綺麗に収まりました。

その後試走してみたんですが、もしかして古すぎるバッテリーって、充電系に対しても負荷が大きいのだろうか?新品バッテリーに代えてから、アクセルに対してエンジンの動きが軽い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/01/12

キーシリンダーのスイッチが外れた。

K100RS4vのメインキーシリンダーの末端に付いている白い物体が外れたことにより、JAFを呼ぶ路上故障を起こしたのが1月4日。JAFのロードサービスによって、ガムテープで固定してもらったんですが、その時は単純にコネクター?位にしか思っていなかったのですが。
Img_0125

その後、懇意にしてもらってる府中のYokose工場長より、解析用に部品一式を譲り受けて、解析用部品をばらしたら、外れたのはコネクターではなくメインキーシリンダーのスイッチ部分そのものであることが判明。実車の方はガレージが寒くて未だガムテープ止めのままですが、どうやらイモネジで留めてあった部分が破損したためにすっぽ抜けた模様。
Img_0129

BMWバイクディーラークラフト改めモトラッド湘南に行って、現時点でのパーツリストを見比べてみたら、スイッチユニット単体では設定されていなくて、そこから先の燃料タンクの直下で接続するコネクターまでが一体物で、約8,400円なり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/01

ギヤオイルの交換。41,300km。

走行距離ではなく、期間としては前回交換してから2年程度経過して、変速時の感触が悪くなってきたので、ギヤオイルの交換を実施。

ドレインから出てきたギヤオイルは、それほど粘度が落ちている感じもしなかったけれど、新品の鉱物性ギヤオイル80W-90に交換したら、てきめんに変速時のゴリゴリした感触は無くなってしまった。エンジンオイルと違ってギヤオイルは温度さえ適正ならば、見た感じの粘度と劣化は殆ど因果関係がないものだなと、今更ながら思った次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/26

互換オイルフィルターエレメントを求めて

タイトルはちょっと物々しいけど、あんまり大したことはないんです。以前、BMWバイク関係のBBSで話題になったことがあり、自分自身も取り敢えず確認だけしたけど、ろくすっぽ記録を取っていなかったので、取り敢えず。

本来、BMWの純正オイルエレメントがあれば良かったんだけど、前回オイル交換したときに買いだめしたストックを全部使い切ってしまったので、もう手元にはありません。比較したのは、イギリスのBMWバイクパーツ通販のmotobinsで互換品として売られていた物と、日本製のジェームスで購入したTACTI DriveJoyブランドのトヨタJZ系エンジン用の互換品。

TACTI DriveJoyブランドと言っても、実際に製造しているのはトヨタ純正部品を製造しているのと同じデンソーなので、互換品でもかなり純正に近い物のハズ。

まずは、写真を。

IMG_235.jpgIMG_236.jpgIMG_237.jpgIMG_238.jpgIMG_239.jpg

画像で見て、黒い塗装品がDriveJoyブランド、鈍い銀色(無塗装品)が欧州製互換品。

見る感じほとんど一緒で、寸法も接合面の外枠外径が

DriveJoy :
   77.4mm

欧州製互換
   77.1mm

ネジの内径はどちらも、17.4mmで同じ。

でも、重量は

DriveJoy:
   240g

欧州製互換
   320g

と、5割り増しに近いほど欧州製互換品の方が重い。重量に関しては、DriveJoy製品は「産業廃棄物軽減のため、鉄の使用量を削減しました」などと、パンフレットに書いているほどなので、故意に軽減化されているんでしょうけど。

取り敢えず、以前取り付けるだけの作業だけはやってみたことがあり、BMW R1100系列やK100系列にトヨタJZ系用オイルエレメントは付くのは間違いないんですが、私自身はそれを装着してオイルを詰めてでの実走行はまだやったことがありません。理由は、日本製エレメント全般に施されているケース外側の塗装。K100系列のオイルフィルターエレメントは、オイルパンを一部外して取り付けて、稼働中はフィルターの外側もオイルに浸かるという構造故、このケースの塗装が浸食されて剥がれて来やしないか?と疑心暗鬼になるため。

でも、DriveJoyを見る感じでは、塗膜が強靱な電着カチオン塗装っぽいので、気にする必要性は無いのかもしれません。

最後に値段。

DriveJoy V9111-0103(トヨタ品番 90915-20003)は、9月26日付ジェームス相模原店にて、1,323円也。

BMW純正品は、日本のショップで一度も買ったことがないのですが、聞く限り2,000円強だそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)