2014/05/03

TASCAM DR-05を購入し、グランドファーザークロックのチャイムを録音してみた。

高校生の頃から、やってみたいと思って居たけど、イマイチ機材が高くなりすぎるので二の足を踏んでいたこと。
『生録』である。当時は、携帯可能で本格的な録音基材なんてソニーのデンスケくらいしか存在してなかったが、当時は写真にどっぷり浸かっていたこともあり、資金的に無理。

そうしている内に、デジタル時代になってリニアPCMレコーダーが非常に安価に購入できるようになった。で、ヤフオクにて、TASCAM DR-05を購入してみた。どっかの業者が不良在庫にしていて、中古店に流れてきた新品だったらしいが、7000円にて入手。

で、身の回りにあるアナログの音源と言う事で、昨年末に修理することが出来て復活しているグランドファーザークロックのチャイムを録音。

最大の録音モード、24bit/96kHzで12時丁度のチャイムを録音したら、余韻も含めて1分30秒弱程度で、ファイルサイズ50Mbytes強。アップロードしようとしたら、画像ファイルならばともかくファイルサイズ制限が意外と厳しい。1ファイルあたり1Mbytes以下に収めなければならず、やむなくMP3に変換。


「20140503_0000.mp3」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/13

ノイズキャンセルタイプのイヤホン物色中。

小生は、ヘッドホンばかり使用してますが、時としてイヤホンタイプも使うときもあります。

その時折使用するイヤホンというのは、ソニー製MDR-NC22というノイズキャンセル機能付きなのですけど、長いこと使用してきた事もあり塗装やらケーブルの被覆やらが色々くたびれて来ているのが判るようになって、現在物色中です。

なお、メインで使用しているヘッドホンはオーディオテクニカ製ATH-ANC7というオーバーヘッドタイプのノイズキャンセル。

音楽を聴かないときに使用する耳栓として、ペルター製のイヤーマフ。購入した所はこのサイト。リンク先はH540Aですけど、同じ所でH510Aも買いました。

この手の業務用のごっついイヤーマフやノイズキャンセルヘッドホン(イヤホン)ですけど、他の人々から良く誤解されている性能が、『人の声を遮音しない様に造られている』ということ。
業務用耳栓やアクティブノイズキャンセルの元々の由来というのが、工場や騒音環境下で騒音のみを遮断して、人の会話を容易にするための物、だったりするので『肉声を遮音しない』というのは、故意に『肉声を遮音させていない』というのが実情だったりします。

ですから、この手のイヤーマフやノイズキャンセルを使用している時は、騒音が遮断されている分、逆に人の声は良く聞こえるようになります。

話を戻して。物色しているイヤホンは下記の2機種。

ソニー製MDR-NC33(現在使用しているMDR-NC22の後継機)
オーディオテクニカ製ATH-CKS90NC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/15

ICF-2001D

スタパ先生のラジオの記事を読んだら、久方ぶりにラジオメインの生活に戻りたくなったので、物置からラジオを引っ張り出してきた。ソニーのICF-2001D。とうの昔にカタログから落とされたモデルなのですけど、Yahoo!オークションなどでは結構良い値段で取引されて居るんですねぇ。

IMG_0005.JPG

ラジオ用のアンテナをどうしようか算段中です。中波専門で小型のループアンテナでも造ろうかと思っていたりしてます。リンク先とか参考にして。あおもりくま の 何にもね~よ!? (aomroikuma Web Site Ver5.0c) :

ただ、この居間は南側にしか窓がないので、東京タワーは北側に位置するためにラジオ電波にとってはあまり良い環境とは言えず、屋上にダイポールアンテナでも建てようかとも思っていたり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/21

ヘッドホン2

メモリーオーディオに繋げて使用するヘッドホンの続報。

まずATH-A500をネット通販にて購入。首都圏に住んでるとはいえ、結局の所ネット通販の方が圧倒的に値段に関しては有利で、ヨドバシカメラやヤマダ電機などの提示価格より2割近くも違った。

ATH-A500だが密閉故か、既に持っているATH-AD10に比べると、なんか詰まったような音の出方をしているが、エージングによる違いもあるので、これは当分使い続けていくほか無い。

それと相前後して、ヤフーオークションにてSHUREのE2Cを入手。こっちは、ヤフーオークションの本来の姿である、中古品の個人売買となる。このE2C、ネットで検索すれば色々とインプレッションがなされてるが、一言で言えばイヤーウィスパーなどの強力な耳栓にヘッドホン機能を持たせた物。確かに耳穴に入れると、生半可な密閉式ヘッドホン(ATH-A500も含めて)を超越するほどに外界の音を遮断し、綺麗になってくれる・・・が。

私は、色々な種類のアレルギー症状を潜伏させている人間なので、耳穴もかなり過敏症で耳栓の選択には相当に気を使う必要性がある。自動車工場勤務だった頃、会社から支給された耳栓では1日8時間使用し続けていると、内部が炎症を起こしてしまい2日間は耳栓を入れられなかった。かといって労働基準監督署の指示によりその工場は耳栓なしでは勤務してはいけない職場だったので、上司と掛合い、特別にヘッドホンスタイルのイヤーマフ型の耳栓を使用してたという過去がある。

購入しておいて、ちょっと不安もあったのだが、E2Cを耳に入れて使用してみたがやはり不安的中。3時間くらいで、耳穴が非常に痒くなってしまって使用を続けていられなくなった。E2Cの性能自体はすばらしい物なのであるが、こればかりは自分の過敏症を呪うしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/15

ヘッドホン

メモリーオーディオにて、ヘッドホンをどうにかしなければ、と記したけど、考えが固まったので報告。

外出用としては大きすぎると、google検索すると色々書かれているが、オーディオテクニカのアートモニターヘッドホンATH-A500に決めた。密閉型アートモニターとしては、A500は最下位グレードではあるが屋外に持ち出す物にA900や果てはW1000なんかは(私個人としては)高額すぎてビビる。元々ヘッドホンはオーディオテクニカ心酔なので他のメーカーの製品は考えに入れなかった。

遮音性を考えると持っているATH-AD10では全くお話にならない。ハウジングがアルミパンチンクメッシュという完全開放型なので、積極的に隣人に音楽を聴かせてしまうシロモノ。室内で一人で使用するには最適だが、不特定多数の人々が居る公共の場では徹底的に不向き。

といっても。主たる通勤手段は、オートバイもしくは自転車であり、ヘルメットと干渉するためATH-A500は通勤中に使う事は出来ないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)