2005/04/17

藤野町・相模湖町・津久井町・城山町、そして相模原市

政治というには、あまりにもローカルな話で恐縮だが。

私が居住する所は神奈川県相模原市。神奈川県の中ではちょっと異質な所で、ろくに有名企業の本社があるわけでなく百貨店が多数あるわけでもなく、タダ単に非常に人口が多く(60万人超)人口条件のみで中核市になってしまった所。こういう市だと当然平成の大合併の例に漏れず、隣の津久井郡(津久井町・城山町・藤野町・相模湖町)との合併話があるんだが・・・これがまた組んずほぐれつのドタバタ状態。1市4町の合併のハズなのに、合併協議会が3つも乱立してる状態。えーと「相模原市と津久井地域」「相模原市・津久井町・相模湖町」「相模原市・藤野町」だったか。その辺のいきさつは「相模原市・藤野町」の協議会のWebの一つが詳しいと思う。相模原市住民としてのエゴが出てるかもしれないが、このドタバタ劇の原因は城山町の町長一人にかかってるとしか思えない。藤野町の場合は単に参加するのが遅かったから、という理由は認められるが、城山町は途中から「慎重論」を言い出して津久井町と相模湖町にブレーキをかける形になった。しょうがないから、津久井町と相模湖町が先行してくっつくと言い出したら、今度は「勝手に先行するのは道義にもとる」と城山町長がケチつけた。

なんで、くるまのみさんのブログにトラックバックを繋げたかというと、そこで私が豊田市の合併のコトをコメントの中に含めたことで、ちょっと気になり豊田市の合併の経緯をみてたら、とっても羨ましいほどにすっきりしてるんだこれが。豊田市の場合、1市6町村の合併だから、相模原並みにドタバタするとすればそれこそスパゲッティプログラム並になってしかるべきなのに、一気にくっついてしまってた。

どうせ、市町村レベルでの合併協議でドタバタする理由と言ったら最終的に利権絡みなんだろうけど。相模原のは、どうにかならんかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)