2016/10/14

気象衛星画像を壁紙とする。

WS000011

気象衛星「ひまわり」の画像を壁紙とする手段。

1)「ひまわり」の画像の入手先。
「デジタル台風」にて、赤外2048*2048の画像を使用している。

2)ダウンロード管理。
「デジタル台風」の赤外2048データは、1時間毎に更新されているので最新画像を常にダウンロードしていないとダメだけど、一々手動でダウンロードするのも面倒くさい。
なので、自動ダウンロードのアプリケーションとして小生はSeqDownloadを使用している。

3)壁紙処理。
SeqDownloadで、赤外2048の画像を任意フォルダに1時間毎にダウンロードするよう設定したあとは、単純に壁紙設定で背景をスライドショーとし、先の任意フォルダを指定。

 

・・・・
簡単なプログラミングの知識があるなら、ブラウザーでfeed設定をするのも良いのだろうけど、私はそんな知識は持ってない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/12

P8H77-V、調子よろしくない。

一昨年から昨年に掛けて更新していたメインPCのマザーボード、ASUS P8H77-Vが調子がイマイチ。
切っ掛けは昨年9月頃だったと思うが、SATA3-1コネクタに繋がっていたHDDのメモリダンプエラーが少なくない頻度で発生。その時点で最も古いHDD(使用期間2年弱程度)だったので、コレはダメか?と判断してHDDを新調(その時点でSATA3-2に繋がっていた物をSATA3-1へ移動し、SATA3-2に繋がる方にWD20EZRXを繋いだ)したのだが、先週再びSATA3-1に繋がっていたHDDがエラー頻発。そのHDDをSATA3-3につなぎ替えてもHDDが復調しなかったので、WDのWD20EZRXを新規購入し、SATA3-1に繋ぐもマトモに認識しないという事態に。

現時点での構成。
C:(SATA6-1) Intel SSD335 180GiB
D:(SATA6-2) WD20EZRX
E:(SATA3-3) WD20EZRX
F:(SATA3-2) WD20EZRX
H:(SATA3-4) Pioneer BD-RW BDR-208

しかしながら、SATA3-1を使わない状態にしても、ここ2~3日で毎日2回程度ブルー画面の再起動を起こすようになった。

コレは、マザーボードのSATAコネクタ廻りのNGか?と判断して、近所のZOA相模原店に出向くも、LGA1155対応マザーボードは在庫は一つも無し。グループ店舗在庫を検索してもらってもZOA系列に在庫は無い模様。

i5-3570と同程度のLGA1150は2万円前後する。H87等のマザーボードと共にCPU交換なんてやってられないので、ネット検索しドスパラ通販にて、AsRock H77-PRO/MVPが在庫しているようなのでポチッと。

ドスパラ通販ではP8H77-Vの在庫も有るにはあったが、AsRock H77-PRO/MVPが僅かに安いのと、SATAコネクタ数が多いと言う事を考慮して。

それと、以前の記事の通りすでにP8H77-Vは一度トラブルを起こしてマザーボード交換を行っているので2度目はチョット無いだろうと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/27

2012年メインPCの更新

メインのパソコンを夏期休業の時から弄ってるので、纏めて記す。

旧構成
CPU:AMD Athlon 64 x2 4200+
M/B:Asrock 939A785GMH/128M
ビデオカード:ASUS GTX550Ti
CPUクーラー:サイズ ANDY SAMURAI MASTER
電源:SNE 650W
PATA:80GiB+160GiB
SATA:1TiB+250GiB+BD

●2012年8月の第1次更新
CPU:AMD FX-8150
M/B:Asrock 970 Extreme3
SATA:500GiB+1TiB+1TiB+250GiB+BD

CPUとM/Bセットが2万円で売られていたので、Windows7pro DSP版と合わせて購入。

ただ、メモリーはDDR3。今まで使用していたメモリーはDDR。因ってDDR3-1600 4GiB 2枚セットを合わせて購入。
更に、HDDは2系統がPATAの80GiB+160GiBだったが、新M/BはP-ATAが無いのでSATAの500GiB+1TiBを合わせる。

OSはWindows7pro DSP版を選んだが、1つ失敗。32bitは4GiB以上を認識しないという点を理解して無くて、32bitを購入してしまう。

ビデオカード・CPUクーラー・電源・ケースは流用。

組み上げは問題無く出来た。が、前述の通り32bitのWindows7だったのでメモリーを半分しか認識しなくて少し慌てた。直ぐに理由を理解したが、改めて62bit仕様を購入。DSP版を組み合わせるにあたり、更にDDR3-1600 4GiB 2枚セットをチョイス。

元を正せば、前述のAsrock 970 Extreme3に元々入っていたBIOSバージョンが1.6。Windows8対応とする新バージョンの1.7へアップデートを実行したら、何故か再起動に時間を掛けるようになって、3回目の再起動からは全くダメになってしまった。CMOSをクリアーしてみたら、今度はBeep音が5連発で鳴る様に成ってしまった。トラブル要因を潰そうにも、DDR3対応やSATAが5個以上あるM/Bを他に持ってない。

BIOS更新後にトラブルなので、BIOS更新を失敗した物と解釈。ASROCKマザーはBIOSアップデート失敗時のリカバリー機能は無いようなので、購入店の保証制度を利用して代理店修理に出すことにする。

メインPCが無い状況対処するために改めて更新をすることに決断。

●2012年11月の第2次更新
CPU:Intel i5-3570
M/B:ASUS P8H77-V

AMDのFX-8150をそのまま使用できるM/Bを選び直すと言う手もあったけど、セカンドPCを同時に組み直す事も考えて、敢えてIntel系を選ぶ。

CPUクーラーもANDYを流用するつもりだったが、付属品の交換式リテンションでLGA1155に適合しないのが判って断念。i5-3570のパッケージに入っていたリテールクーラーを使用する事にする。

それ以外のパーツは全て、前述の2012/8更新の仕様を引き継いで、組み上げ。
結果、全てのパーツが問題無く機能することを確認。しかし、TMPGEnc Video Mastering Works 5で動画エンコードを実行してみると外気温度摂氏20度弱の環境なのにCPU温度が摂氏60度を超えてしまうことを確認し、CPUクーラーをどうにかしなければと。

●2012年11月26日(要するに昨日)
ZALMAN CNPS10X Optima

CPUクーラーを更新。ただ、このクーラーはバックプレートから交換なので、ケースからM/Bを外すという羽目に。
ネットで検索していると「ZALMANのクーラーは取り付けで面倒」と言ったことも出てくるが、実際の作業は小生にとっては拍子抜け。何の問題も無く装着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/06

T42、すっきりしませんねぇ

改めて導入した、15インチのT42ですけど、電源投入自体は問題ないのですが、30分以上電源入れっぱなしで放置していると、時折全く無反応状態に陥ります。

前回の14インチモデルを購入するときに同時に入手した、Samsungの160GBが悪さしてるのかと思って、先ほど15インチのオリジナルだった、HGSTの60GBに戻してみたところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/20

デスクトップPCの電源がダウン。

3年ほど前の記事、セカンドPCの更新 No.4にて、交換を報告したセカンドデスクトップPCの電源ZUMAX ZU-500Wが突如としてダウン。というのが、先週の金曜日(2009年10月16日)の夜。電源入れっぱなしで、放置していたら突如として勝手に電源オフ。再起動するべく、電源スイッチを入れても数秒ファンが回った程度で即時停止。 最初のうちは、電源が飛んだか、中古で購入したマザーか、判断出来なかったけど。比較的近所のパソコンパーツショップにて、店長さんにアドバイスを貰い、とりあえず電源を買い求めて、取り替えてみたら症状は消えました。 今回使用した電源は、SNEのGREEN650ECOです。ショップで7,000円弱。

現在使用しているマザーボードも中古品で買い求めて交換した物なので、交換実績は昨年ですけど製品その物はもっと古い。4Gamer.netのレビュー記事のタイムスタンプが2005年8月だったりする。
既にSocket939のCPUは手に入りそうになく、AM3で新たに組まねばならず、電源を買うついでにいろいろ物色していましたが、DDRの時代に比べてメモリーは全然値段が違う。マザー・CPU・DDR3を3万円予算で更新しても、かなりの高性能機になってしまいそうだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/24

今度はT42の15インチ導入

前回から4ヶ月以上経過して、変動したことが一つ。LJ6が、電源オフし忘れによると思いますが、起動不能に陥り、メイン基板修理となると3万円くらいになりそうで、改めて中古機を買った方が安つきそう、ということで改めて別機種を購入しました。

別機種と言っても、すでにThinkpad ミニドックとかも導入してしまってるので、Thinkpad以外には考えてなかったんですが、改めてT42を導入しました。今回は15インチ・無線LAN付きの2373-8YJということに。

無線LAN付きと言っても、主として使用するのが半地下のガレージ奥で、鉄筋コンクリート仕立ての家では全く無線は通らず、外出したときとかに使うための準備品ですね。

2373-8YJ据え付け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

Thinkpad T42・・・無線LAN無しモデル

さすがに、中古パソコン屋としては堅実なところらしく、全く問題なくThinkpad T42は届いた。でも、到着してから、数日経過してからやっと気づいたこと。

T42って、一応当時のWebカタログを見る限り「全機種無線LAN装備」と謳われていたのですが、このタイプ(2373-LJ6)はあえて無線LANが装着されていないモデルだったんですね。

元々主として使用する部屋が鉄筋コンクリート仕立ての雑居ビル構造である建物の地下ガレージで、3階住居部分に無線LANルーターが有っても全然無線電波は届かない構造故に、HD-PLCを導入しておいたためもあるけど、購入してから数日は全く気づかなかった。

家庭内LANを繋いで、メインシステムからデータをコピーするのに面倒になったので、この土日に、3階へT42を持ち込んで初めて解った。

今更、T42の高解像度・無線LAN装備機を購入するのも面倒くさいし、160GBのハードディスクドライブを繋いで環境を構築してしまってるし、家庭内ならプラネックス製のUSB無線LAN子機なら持ってるし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/11

ノートパソコン選び。

ガレージ作業スペースで使用するネット端末として、ノートパソコンを使うことにしました。

デスクトップ関係は自作ばっかりなので、使用しなくなった古いパーツはパソコンが一つや二つ組めるくらいの在庫はそれなりにありますけど、ケースとモニターの手持ちがない。それらを購入しようとすると、最低でも4万円くらいにはなってしまいそう。

主たるメインマシンは、一応あるので敢えてガレージで使用するサブパソコンが高性能である必要性は全くない。最近人気のネットブックでも良い位なんですが・・・。そう思って、近所のノジマに行ってネットブックなどを物色してきたのですが、ボディが小さい故にキーボードもまた極端に小さい。

小生、デスクトップのフルサイズキーボードでも、ちょっと狭いくらいに思ったりすることがあるので、ネットブックのキーボードはダメです。タッチタイピングが出来ないとなると、人差し指タイピングをしようとすると・・・逆に配列にまごついたりする。

結局、中古品通信販売のラインナップで、IBM Thinkpad T42が3万円弱程度で出ていたので、それにすることにしました。仕様表を見ると、HDDが40GB程度しかないと言うことなので、P-ATAの160GBも同時購入することにして、現在交渉中(と言うか銀行振り込みは行ってるので、向こうの発送待ち)。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況報告 追記 その1

Yahoo!オークションで入手した、HD-PLCアダプタだが、マスターアダプタを3階住居のルーター近くのコンセントに差し、ターミナルアダプタを地下のガレージのコンセントに差すと、リンクが繋がったという緑色のインジケーター点灯。速度簡易測定では、3個あるインジケーターが2個点灯するので、10Mbps以上は確保されている模様。

この建物は2世代住宅という物ではなく、単純な雑居ビル構造だから、フロアごとにテナントが入ることを考慮して、3階の住居部分と地下のガレージでは配電盤や電気メーターも独立してるというのにも関わらず。各フロアに供給される配電ケーブルは屋外露出していないので電波法違反じゃないはずですが・・・アマチュア無線関係団体がPLCに反対するのは判る様な気がする。

ネット関係の準備は一応整ったと言うことで、ガレージスペースで使用するネット関係機材を考える事にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/11

セカンドPCの更新。2008年版。

utakami's note: セカンドPCの更新 2007-No.2にて、記述していたA8S-Xの悪評たる部分がやっと小生のパソコンにも出てきた模様。オーバークロッキングなど行っていないにも関わらず、常に起動する都度「オーバークロッキング、ふぇーたるえらー云々」とBIOSで表示される事態に。

うっとうしいことこの上ないので、ソケット939の資産を有効活用するべく、939に適合するマザーボードを入手しようと画策したのですが、前回A8S-Xを購入した時点ですでに時代はAM2に移行していたので、新品では939は全くと言っていいほど入手不能状態(ネット検索すれば中国語表記の並行輸入品A8V-XEが出てきますけども)。

ならば中古品にねらいを変えて、A8N-SLi Premiumを入手しました。
A8N-SLi Premium中古品

起動させようとしたら、いろいろすったもんだしました。512Mbytes×2と、1Gbytes×2のDDRメモリを元々使用していたのですが、512Mbytesの方が今回のA8Nとは相性が悪かった模様。

512Mbytes×2の方を外して、どうにかこうにか起動。CPUがAthlon64 x2 4200+なので、まだ当分は十分以上の性能で運用できる目処がたったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)