« カスタムの構想。取り敢えず、その1。 | トップページ | フォーチュンウィング125関係近況 »

2017/07/31

パソコンをクリーニングする。

このブログを眺めていたら、パソコンの現状が記されていなかったので、まず記録を残す。

M/B:AsRock H77 pro/mvp
DRAM: DDR3 4GB x4

SATA6-1 Intel SSD335 180GiB
SATA6-2 WD20EZRX 2TiB
SATA6-3 WD20EZRX 2TiB
SATA6-4 WD20EZRX 2TiB
SATA6-5 TOSHIBA MD04ACA200 2TB
SATA6-6 Pioneer BD-RW BDR-209

Video: GeForce GTX550Ti
Sound: ONKYO SE-90PCI

電源:

マザーボードを変更したのは2014年2月12日の記事のあと、ほとんど期間をおかずに実行した物だと思う。
こうしてみると、2014年以前から使い続けている部品類が多い。

最近、電源投入時にBeep短音3回が鳴るようになって、再起動を繰り返すようになったので、パソコンを開けてみた。
見事なまでに、中は埃だらけ。掃除機を使うと静電気云々という話もあるけど、面倒くさいので掃除機を使って掃除を実行。
各部のファンに埃が多量に付着。CPUクーラーのヒートシンクも酷い有様。HDD冷却用だと思うがケースのHDDラックの横に取りつけられたファンのフィルターの内側に多量のゴミ。・・・?
なんで内側にゴミが溜まる?

 

PC-60Bケース内部の空気の流れに疑問に思った。
元々、このケースは、天板に排気方向の140mmファン。バックパネルに排気方向の140mmファン。HDD横のサイドパネルに排気方向に120mmのファン2個。と言う事で、ファンは全てが排気方向。だから、ファンの付いてない開口部の周囲に綿埃が多量に。

この中でも、サイドパネルの120mmファン(2個)において、ファンの外側にフィルターが付いていたので、埃がフィルターとファンの間に大量に蓄積。フィルターがあるなら、排気方向では無くて吸気方向なのではなかろうかと考える。

 

なので、天板の140mmファンと、サイドパネルの120mmファンの向きを逆にしてみた。天板の140mmファンの外側にはパンチングメタルだけで、目の細かいフィルターは無いので、良く注意しないと駄目かもしれないが。

|

« カスタムの構想。取り敢えず、その1。 | トップページ | フォーチュンウィング125関係近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84762/65603979

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンをクリーニングする。:

« カスタムの構想。取り敢えず、その1。 | トップページ | フォーチュンウィング125関係近況 »