« ウィンカーまわり、というより操作系の希望(と言う名の”妄想”) | トップページ | 今更に気付いた。Instagram. »

2016/09/17

方向指示器インジケーターを変更する。

ウィンカーランプの電球を、安価なLED球に変更したのは過日

フロント側は、ウィンカーその物とメーターパネルのインジケーターが双方共に視界に入るので、LEDと電球の即応性の違いから違和感が発生。要するにウィンカー自体はLEDで、インジケーター側はT10電球のままなので、ウィンカーより若干インジケーターが遅刻気味に視界に入る。大したこっちゃ無いのだけど、替えてみようと思ったので、Amazonで安価LED球を購入する。取り敢えず、白色緑色の2種類。買ってみて判ったが、これらの製品は市販品では当たり前になってきた無極性では無く、しっかりアノード・カソードを考慮しないとダメのタイプ。それだけでもコスト削減にはなるわ。左が交換前、右が交換後。元々の電球は緑色インジケーターでも白色タイプだったけど、LEDは波長が揃っているのでフィルターたるインジケーターの色など無視して発行することがあるのが過去の経験にあるので、念のため緑色LEDを選択した次第。

P9170666P9170667

 

本当のところを言うと、メーターパネル自体のバックライトもLED化したかったんだけど、その場ではカウルとメーターユニットの分離方法が判らなかったので、今回は手を付けず。ハイビームやニュートラルなどのインジケーターをLED化してみても良かったんだけど、試しにハイビームインジケーターを替えてみたら明るすぎたのでNGと判断。昼間でこの明度だと、夜間では絶対眩惑する可能性がある。

 

しかし、このT10LEDのパッケージ、10個入りは多かったねぇ。予備のつもりで残しても絶対に使わずに余りそうな気がする。

|

« ウィンカーまわり、というより操作系の希望(と言う名の”妄想”) | トップページ | 今更に気付いた。Instagram. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84762/64215301

この記事へのトラックバック一覧です: 方向指示器インジケーターを変更する。:

« ウィンカーまわり、というより操作系の希望(と言う名の”妄想”) | トップページ | 今更に気付いた。Instagram. »