« K100RS4V_バッテリー状態 | トップページ | 2012年メインPCの更新_4度目 »

2012/11/27

2012年メインPCの更新

メインのパソコンを夏期休業の時から弄ってるので、纏めて記す。

旧構成
CPU:AMD Athlon 64 x2 4200+
M/B:Asrock 939A785GMH/128M
ビデオカード:ASUS GTX550Ti
CPUクーラー:サイズ ANDY SAMURAI MASTER
電源:SNE 650W
PATA:80GiB+160GiB
SATA:1TiB+250GiB+BD

●2012年8月の第1次更新
CPU:AMD FX-8150
M/B:Asrock 970 Extreme3
SATA:500GiB+1TiB+1TiB+250GiB+BD

CPUとM/Bセットが2万円で売られていたので、Windows7pro DSP版と合わせて購入。

ただ、メモリーはDDR3。今まで使用していたメモリーはDDR。因ってDDR3-1600 4GiB 2枚セットを合わせて購入。
更に、HDDは2系統がPATAの80GiB+160GiBだったが、新M/BはP-ATAが無いのでSATAの500GiB+1TiBを合わせる。

OSはWindows7pro DSP版を選んだが、1つ失敗。32bitは4GiB以上を認識しないという点を理解して無くて、32bitを購入してしまう。

ビデオカード・CPUクーラー・電源・ケースは流用。

組み上げは問題無く出来た。が、前述の通り32bitのWindows7だったのでメモリーを半分しか認識しなくて少し慌てた。直ぐに理由を理解したが、改めて62bit仕様を購入。DSP版を組み合わせるにあたり、更にDDR3-1600 4GiB 2枚セットをチョイス。

元を正せば、前述のAsrock 970 Extreme3に元々入っていたBIOSバージョンが1.6。Windows8対応とする新バージョンの1.7へアップデートを実行したら、何故か再起動に時間を掛けるようになって、3回目の再起動からは全くダメになってしまった。CMOSをクリアーしてみたら、今度はBeep音が5連発で鳴る様に成ってしまった。トラブル要因を潰そうにも、DDR3対応やSATAが5個以上あるM/Bを他に持ってない。

BIOS更新後にトラブルなので、BIOS更新を失敗した物と解釈。ASROCKマザーはBIOSアップデート失敗時のリカバリー機能は無いようなので、購入店の保証制度を利用して代理店修理に出すことにする。

メインPCが無い状況対処するために改めて更新をすることに決断。

●2012年11月の第2次更新
CPU:Intel i5-3570
M/B:ASUS P8H77-V

AMDのFX-8150をそのまま使用できるM/Bを選び直すと言う手もあったけど、セカンドPCを同時に組み直す事も考えて、敢えてIntel系を選ぶ。

CPUクーラーもANDYを流用するつもりだったが、付属品の交換式リテンションでLGA1155に適合しないのが判って断念。i5-3570のパッケージに入っていたリテールクーラーを使用する事にする。

それ以外のパーツは全て、前述の2012/8更新の仕様を引き継いで、組み上げ。
結果、全てのパーツが問題無く機能することを確認。しかし、TMPGEnc Video Mastering Works 5で動画エンコードを実行してみると外気温度摂氏20度弱の環境なのにCPU温度が摂氏60度を超えてしまうことを確認し、CPUクーラーをどうにかしなければと。

●2012年11月26日(要するに昨日)
ZALMAN CNPS10X Optima

CPUクーラーを更新。ただ、このクーラーはバックプレートから交換なので、ケースからM/Bを外すという羽目に。
ネットで検索していると「ZALMANのクーラーは取り付けで面倒」と言ったことも出てくるが、実際の作業は小生にとっては拍子抜け。何の問題も無く装着。

|

« K100RS4V_バッテリー状態 | トップページ | 2012年メインPCの更新_4度目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年メインPCの更新:

« K100RS4V_バッテリー状態 | トップページ | 2012年メインPCの更新_4度目 »