« スマートKの燃費 | トップページ | K100RS、電池の交換 »

2009/01/12

キーシリンダーのスイッチが外れた。

K100RS4vのメインキーシリンダーの末端に付いている白い物体が外れたことにより、JAFを呼ぶ路上故障を起こしたのが1月4日。JAFのロードサービスによって、ガムテープで固定してもらったんですが、その時は単純にコネクター?位にしか思っていなかったのですが。
Img_0125

その後、懇意にしてもらってる府中のYokose工場長より、解析用に部品一式を譲り受けて、解析用部品をばらしたら、外れたのはコネクターではなくメインキーシリンダーのスイッチ部分そのものであることが判明。実車の方はガレージが寒くて未だガムテープ止めのままですが、どうやらイモネジで留めてあった部分が破損したためにすっぽ抜けた模様。
Img_0129

BMWバイクディーラークラフト改めモトラッド湘南に行って、現時点でのパーツリストを見比べてみたら、スイッチユニット単体では設定されていなくて、そこから先の燃料タンクの直下で接続するコネクターまでが一体物で、約8,400円なり。

|

« スマートKの燃費 | トップページ | K100RS、電池の交換 »

コメント

はじめまして。古い記事にコメントで恐縮です。
私もK100RS4V アニバーサリーモデルに昨年から乗り始めました。これまで順調だったのですが
ネットを見るとトラブルばかり目にするのでいつか来るだろうとどきどきしていたところ、遂に!

先週、走行中にエンジンストップしました。症状としては走行中にABSランプが点灯し始め、ワーニングランプも同時に点灯。ETCのインジケーターが不規則に点滅し始め、遂にはエンジンストップ(バッテリランプが点灯・失火)。 しかし、惰性で走行して再度クラッチをつなぐとエンジンがかかりました。その後は50kmくらい走行・帰宅しましたが、特に何もなく帰れました。
しかし、帰宅後にメインスイッチを入れるとABSランプがうっすら点くのみ。3回目くらいON-OFFしたら、正常にインジケータが点灯、エンジンもかかりました。しかしその後もメインスイッチをON-OFFすると同様な症状が現れたので、最初はバッテリーかと思ったのですがメインスイッチの接触不良では?と思っております。時間がなく、分解・追跡できないのですが差支えなければ、utakmaiさんのこの時の不動になった症状をお聞かせ願えませんでしょうか?
(実は今週末にロングツーリングを控えており、故障に備えてロードサービスに入ったり、修理部品をそろえたりと準備しております)
いきなり不躾なコメントで申し訳ないですが、よろしくお願いします

投稿: タクマヒロシ | 2015/06/09 18:42

コメントありがとう御座います。

小生の経験したメインスイッチの外れは、ロータリーエンコーダースイッチその物がキーシリンダーから脱落で、スイッチを操作できない状態になります。走行中に発生したとしたら、インジケーター等が点滅する、と言った症状にならないと思います。目的地に着いて、キーを抜いても電源が落ちないので焦る、形になるのでは無いかと。

貴殿の症状は全く別の要因かと考えます。可能性の一つとしては、ヒューズの物理的なヒビ割れも有るのでは無いかと。

小生が入手した当初、ヒューズのヒビ割れが原因で方向指示器が全く操作できなくなったり、ふとしたことで復活したりと不安定動作に陥ったことがあります。ヒューズを外して目視確認したら、ルーペでも使わない限り視認できないようなヒビが発生していて、ヒューズ交換後は症状が完全に消えました。

投稿: 詩神 | 2015/06/13 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84762/43717478

この記事へのトラックバック一覧です: キーシリンダーのスイッチが外れた。:

« スマートKの燃費 | トップページ | K100RS、電池の交換 »