« キーシリンダーのスイッチが外れた。 | トップページ | 近況報告 »

2009/01/18

K100RS、電池の交換

メインキーシリンダーのスイッチ部分の落下から、日を置かずして、今度は4年くらい使用し続けている鉛蓄電池の怪しさが遂に限界点まで達した模様。バッテリーDOC(充電器)を付けっぱなしの直後は別に問題ないとしても、屋外露天で8時間くらい経過すると、セルモーターの回転が非常に心許ないレベルに低下。

今までは、ブライトスターバッテリーの30A19Lを使用していたけど、オートバイ用バッテリーか若しくは完全シールドメンテナンスフリーバッテリーを選ぶつもりだったので、物色。

一昨年くらいまではオートバックスブランドで、Dynagrid のMFバッテリーでA19Lが在ったのだけど、2007年春先のラインナップ変更でカタログ落ち。
2007年秋頃に、ACデルコ社の韓国子会社製デルコアバッテリーHEXAの32A19Lを購入してみた物の、これはA19と言いながら長さが日本のA19に対して13mmほど長くて、K100RS4vには搭載できない。
日本の電池メーカー各社のWebカタログを見てたら古河電池より、中々よさげなモデルを発見。FT50-A19L(T)と言う。ネット検索して、秋田のバッテリーショッププロンが最も安かったようなので即座に発注。

それで届いたのが先週の火曜日(平成21年1月13日(火))。梱包を紐解いて色々眺めてみる。
IMG_0149.jpg
端子の形状は結構出っ張ってるので絶縁体の加工は必要ですな。

FT50-A19LとBMW純正バッテリーと、搭載不可能だったA19Lとの比較。
IMG_0131.jpg
純正電池と見た目の専有面積はほぼ一緒。逆にACデルコ系がサイズ違いなのがよくわかる。

搭載結果は下図の通り。
IMG_0158.jpg
綺麗に収まりました。

その後試走してみたんですが、もしかして古すぎるバッテリーって、充電系に対しても負荷が大きいのだろうか?新品バッテリーに代えてから、アクセルに対してエンジンの動きが軽い。

|

« キーシリンダーのスイッチが外れた。 | トップページ | 近況報告 »

コメント

ほぼ同時期に私も電池交換してました。
松下のカレックアクト 50A19Lを搭載しました
http://www.rakuten.co.jp/iida/429176/429238/#1435809
端子は純正と同じM6ネジ式でした。

投稿: 松本信男 | 2009/02/15 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K100RS、電池の交換:

« キーシリンダーのスイッチが外れた。 | トップページ | 近況報告 »