« リクライニングの意味無い場合。 | トップページ | それが北方のクルマのすることか? »

2006/01/07

三菱の" i " part 3

三菱の" i " part 2の続き

今日、地元の神奈川三菱自動車の某営業所にて、正式発表前の" i "の先行展示会がありましたので、行ってきました。

短く言ってしまえば、「スマートのおおよそ欠点と思われるところは完全に潰した」様に見えます。さすがに正式発表前なので試乗できる状態ではありませんでしたので、動力性能そのものを体感できたのではないのですが、「レギュラーガソリン」仕様であること「トルコンAT」であること、等は大きいアドバンテージ。

それと、びっくりしたのは4WDの設定があること。展示車は2WDのトップグレードのみでしたので、4WDの機構がどうなっているかは不明ではありますが、スマート系列には4WDは無かったので、これは大きい違いといえる・・・かな。

小生は、今すぐというわけではありませんが、2~3年経過したらスマートKから乗り換えるかもしれない状態だと言っておきましょう。

|

« リクライニングの意味無い場合。 | トップページ | それが北方のクルマのすることか? »

コメント

4WD、確かに不思議です。

MR+キャビン・フォワードのコンセプトに思いっきり反しているような気がします。
でも、北日本の需要を考えた場合、外せないラインナップですね。

細かいレイアウトが、スマートから変更されている秘密が、この辺にありそうですね。

投稿: くるまこのみ | 2006/01/08 22:52

コメントありがとうございます。

コンセプトに反するということより、たしかスマートのプレス発表の時「この構造では4WDは実現できない」というような事がメーカー自らが表明していたような話を聞いていたのに、結局日本メーカーが開発すればできるんじゃないか、と思った次第。

日本メーカーは、軽自動車規格での自動車開発のノウハウが尋常じゃない、のでしょうね。欧州のメーカーより。

投稿: 詩神 | 2006/01/11 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱の" i " part 3:

« リクライニングの意味無い場合。 | トップページ | それが北方のクルマのすることか? »