« ロードバイクのタイヤ | トップページ | 櫻井智? »

2005/10/10

三菱の"i"

Primeraさんの「モーターショー出品車を斬る」より、三菱自動車の新型軽自動車"i"について。

日本製軽自動車とすれば、かなり特異なフォルムに異質なプラットフォームなのですが、スマートK乗りの私から見ると、どう見てもスマートフォーツーのコンセプトを踏襲したあまり冒険のないモデルチェンジモデルに見えてしまうのです。三菱自動車とダイムラークライスラーがまだ資本提携していた頃に企画されたようで、元々欧州のスマート工場でそんなにラインに設備投資をしないで製造できるように開発されているようで・・・。

オートギャラリーでの8月頃の紹介記事ですが、下の方にあるプラットフォームのCAD図で見てると、エンジンの搭載方法・搭載している向き、燃料タンクの搭載位置やサスペンション形状などが丸ごとスマートフォーツーの踏襲です。燃料補給用リッドやエアインテークは「無理矢理」スマートフォーつーとは逆に付いてますが、これぐらいしか差別化できなかったんですか?と思ってみたり。

エンジンをミッドシップ搭載にしてるのは、結果的に「ミッドシップになってしまった」のでは無いかと思ってます。私の見立てでは。スマートフォーツーは、エンジンに関してはかなりオーソドックスなSOHCでして、それにくらべエンジンヘッド構造が嵩張るDOHC(その上可変バルブタイミング機構を仕込んで)のために、エンジン高を押さえつけるためにスマートよりもずっと前よりにマウントした結果ではと。エンジンのすぐ上がラゲージスペースなので、エンジン高が上がるとそれはそのままラゲージを圧迫することになります故。

これとは別に、三菱自動車の新型エンジン発表のプレスリリースですが、「 本エンジンはパワートレイン製作所水島工場に新規導入される最新設備により本年末から生産開始される計画である。」とあります。言っては何ですが、あの「三菱自動車」がそんなコト出来る余裕あるんですか?と。となれば、このエンジンは三菱自動車単独では使用せず、そのプレスリリースの上の方にある4気筒の新型MIVECエンジン同様に、国際的にグループ企業全体で活用させるのではないかと勘ぐった方がマシに見えてきます。と言っても、ダイムラークライスラーとしては、スマート事業はかなり重荷になってるようですし、ヒュンダイに限らず韓国メーカーは隣国で発達している軽自動車クラスは敢えて勝負しない方針ですから、となれば欧州のスマートブランドを三菱自動車が肩代わりして、国際的に"i"を生産するのでは無かろうかと思ってみたり。

---------

スマートフォーツーのラゲッジスペースですが、小生の主観ではスズキMRワゴンよりもマシな容量です。公表されているCAD図や三菱自動車のWebでのシルエットを見る限り、"i"はスマートフォーツー並のラゲッジは確保しているのでは無かろうかと。

|

« ロードバイクのタイヤ | トップページ | 櫻井智? »

コメント

TBありがとうございました。スマートのレイアウトがそのような構造になっているとは知りませんでした。確かに、iの構想が生まれたときにはダイムラー・グループ内での三菱の役割みたいなものが盛んに議論されていましたね。

Primera

投稿: Primera | 2005/10/10 22:12

スマK乗りのpacatoです。苦境のスマートが消滅するよりは三菱の中に生きてくれればうれしいなと私は思います。「アイ」に搭載されるこの新型エンジンは、次期Smart-4-2に供給されることでDCとの契約が締結されました。「アイ」のデザインは、「始めにデザイン有りき」でスタートしたそうですが、コンパクトクラス(Aセグ、Bセグ)で三菱とスマートはアライアンスを組んでいますので、ColtとSmart4-4関係から見て、次期スマート4-2の三菱用副案的な意味合いも強かったかも知れません。なおかつ「アイ」は、英国にも1000cc版が輸出されることが決まったようですね。小生のブログにフランスのサイトで見つけた次期スマート4-2のリンクがあります。よかったらご覧になってください。

投稿: pacato | 2005/11/03 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84762/6339315

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱の"i":

» 東京モーターショー2005_8 [くるまこのみの雑記]
モーターショーも終わってしまったのに、気付いたことがあるので書きたい。 お題は、 [続きを読む]

受信: 2005/11/07 21:22

« ロードバイクのタイヤ | トップページ | 櫻井智? »