« 免許行政と自動車行政と道路行政 | トップページ | 身体障害者 »

2005/05/04

現行免許の笊なところ。

現在の、運転免許証の普通乗用車は、車両総重量8トン未満という条件があるが、これに基づいてとんでもない物が乗れてしまうのである。

日野プロフィア、三菱ふそうスーパーグレート、いすゞギガ、日産ディーゼルビッグサムと言った、要するに11トン級のトラック達だが、これらのバリエーションにセミトラクターというのがある。特にセミトラクターの中でも軽量な4×2だと、連結すべきトレーラーを繋がない状態でこのセミトラクター部分だけで運行する場合、免許は普通自動車免許で可能になってしまう。トレーラーを繋がなければ荷台が存在しないから荷物を積むことが出来ないので積載量ゼロ。となれば車両重量だけだから、8トン以下。

ただ、自動車積載用のトレーラーの場合、キャビンの上にも自動車搭載用の設備を作った「亀の子」と呼ばれるタイプを使用することもあり、これは荷台付きだからダメになるかもしれんけど。

これこそ「笊法」と言わずしてなんと言おう。
(中型自動車免許が現実となれば改善はされることにはなるが)。

|

« 免許行政と自動車行政と道路行政 | トップページ | 身体障害者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現行免許の笊なところ。:

« 免許行政と自動車行政と道路行政 | トップページ | 身体障害者 »