« ヘッドホン2 | トップページ | 免許行政と自動車行政と道路行政 »

2005/04/21

何のための共同溝か?

別段、カテゴリーは「パソコン・インターネット」に限らないのだけど。

自分の家の電力線並びに電話線は 地中に埋設された共同溝から供給されている。

で、インターネットだが、光ファイバーのBフレッツを使用している。また、テレビの受信事情が隣接するビルの都合上極めて劣悪なのでケーブルテレビにも加入しており、そのケーブルも自宅には引かれている。

しかし、このBフレッツの光ファイバー並びにケーブルテレビのケーブル共々、共同溝ではなく、自宅裏の電信柱から他人の土地(現在月極駐車場)の上空通過許可を受けて空中配線している。どっちも、共同溝からは供給できないと言う見解なのだ。

NTT東日本に対して問い合わせた結果は、こうだ。

>誠に申し訳ございませんが、既に設備が出来上がった地上
>(電信柱)ケーブルを地下に設備を変えるということは、
>行政の許可が必要となり、容易な事ではございません。
>Bフレッツお申込後、所内で弊社の交換局からお客様宅
>までの設備状況、経路を調査した結果の導入でございます。
>何卒、ご理解いただきご利用いただきますようお願い致します。

それとは別に、Bフレッツの通信速度がイマイチなので東京電力のTEPCO光に乗り換えようと、申し込んだら現地調査の結果開通工事不可能。

>理由:お客さま宅までの光ファイバケーブルルートに電柱がない地域があるため

共同溝があるのに何をバカなこと言ってるのかと思い、問い合わせたら・・・

>なお、弊社では地中ルートによる光ファイバケーブルの
>ご提供は実施いたしておりません。
>御客様にはご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、
>何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
>
>今後とも「TEPCOひかり」をよろしくお願いいたします。

開通不可能というのに、何を「よろしくお願いします」だと言うのだ。


だいたい、本来共同溝というのは空中配線されているが故に景観が損なわれるので地中に埋設し道路の利便性を高めようと言うお題目の元に開発された物ではないのか?それなのに、余計に不便になってる。いったい何のための共同溝埋設工事だったのか。

|

« ヘッドホン2 | トップページ | 免許行政と自動車行政と道路行政 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何のための共同溝か?:

« ヘッドホン2 | トップページ | 免許行政と自動車行政と道路行政 »