トップページ | 点火プラグ交換 »

2005/02/15

utakami's K100RS

散々BBSを荒らしまくってきたうたかみ(詩神と記すが)であります。よそ様のところだけでやりすぎると色々とアホ見るので、ここらで奮起して自分の日記兼用にして記していこうかと。

所有バイクK100RS(91年製造93年登録)であるが、最近車輌右側のサイドカウルの裏側から、クランクケースに向かって水性とおぼしき液体が垂れるようになってきた。
ずいぶん前から兆候はあったんですが、2月11日にKシリーズ仲間とで伊豆半島の三島の方へ行ったときに、特に強く出てくるようになった。そのときは、芦ノ湖などでは小雪舞う状況だったので「融雪剤の塩カルが付着したのか?」くらいにしか思っていなかったのだけど2月13日にKの整備の師匠のところへ出向いたときに、よく見ていたら赤色の液体だと現認出来たので冷却水漏れと判明。当方、冷却水には夏場の過熱対策として冷却効果が高いという売り文句のビリオンブランドのタイプSというピンク色の物を使ってるんで・・・。

サイドカウルの中をのぞき込んでみると、ラジエーターコンデンサーの右下に一体化されてるサーモスタットハウジングのキャップから水が滲んでる。ここはOリング1本だけでパッキンされているので、多分このパッキンの劣化。

それと、どうせここを開けるのならば、多分前オーナーの整備状況から察するに今までサーモスタットも一度も交換されていないであろうから、サーモスタットも交換したい。

・・・と思って、サーモスタットとOリングの純正部品の値段を調べてみると、前者が4000+α円後者が600+α円・・・たかぁ。

日本も世界に名だたる自動車産業が発展した国、汎用品か多車種流用で使えないか?と考えて、自動車部品店など回ってみたのだけど、規格が違うようで当てはまりそうなのが見あたらない。


結局、おとなしくBMWディーラーに発注しました。

|

トップページ | 点火プラグ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: utakami's K100RS:

トップページ | 点火プラグ交換 »